会計のプロ”が使っている、ムダな時間浪費・出費を抑える お金が貯まる企業体質」3つの原則

複数の企業を経営する”お金のプロ”である会計士だから話せる知っておくべき実践方法を公開いたします。

利益を大きくするための3つの見直しポイント

対象となる事業目的は以下になります。

内部留保拡大のための税金問題と資金対策について

内部留保拡大のための税金問題と資金対策について

労使問題から会社を守る就業規則などの制度整備について

●問題社員に振り回されないための事前・事後の対策とは●経営ダメージを避けるための「残業代対策・有給休暇の取らせ方」

  伸ばす事業・捨てる事業はどうやって見極める?

●利益率アップのための事業SWOT分析●儲かる事業・儲かららない事業はどれ?(利益感度分析)

[初めての方用]

「上手くいっている会社がどう対策しているのか知りたい!」年々いつの間にか増えている経営課題 ほんのちょっとした方法で解決できることがあります。

節税:なぜ内部留保が増えないのか? 増やすにはどうしたら?労使問題:なぜウチには年々問題社員が増えてくるのか?借入・返済:銀行取引においてなぜウチの会社は不利なのか?利益拡大:不採算事業の継続・切り捨ての判断がつかない保険・共済:社員と家族に安心してもらうための社長の役割とは?

貴社に関係のある問題はありますでしょうか?もしあれば解決のヒントをご提供いたします

             

XXX

代表からの挨拶


KMS経営会計事務所
川崎 晴一郎(かわさき せいいちろう)

中小企業の経営者は売上や粗利を伸ばすことが第一使命となるため、どうしても 損失を減らす、損失に備えるといった企業防衛的な観点が手薄になりがちです。
それに対し弊社のミッションとして業績向上に直接的な関与が難しい顧問会計士・ 税理士たる私たちの役割は何なのか? ということを自問し続けています。
今一定の結論は「経営者に気づきを与えられる存在になる」ということです。

経営者の能力を最大限に引き出し、業績向上に導くこと、リスクを回避させること、これが私たちの役割だと思っています。
その一環としてKMSでは、自社の運営及びクライアント様への関与を通じ多くの経験を共有しております。そこで今回のレポートでは、予め知っているのと知らないのではリスク・損失負担に雲泥の差がつくであろう内容を選んで公開しました

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

川崎 晴一郎の出版・共著

   

企業リスク回避・内部留保蓄積の方法はコチラ

       

解決すべきことはまだある!お客様からよくある質問

今回記載した冊子の内容以外での、多くの企業様からよくある質問です。

         

XXX。



講座お申込フォーム

送信完了後に申し込みメールアドレス宛に決済方法が記載されたメールが送信されますのでご確認のほどよろしくお願い致します。
※3分以上経過しても受信できない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください

は必須項目

メールアドレス [必須]
名前 [必須]
会社名/屋号等
都道府県 [必須]
役職名 [必須]
決算月 [必須]

【個人情報の取り扱いについて】
KMS経営会計事務所は、本申し込みにおいてお預りしたお客さまの個人情報を当社が定める「プライバシーポリシー」に従い適性に管理します。
<個人情報の利用目的>
・各種サービスのご提供
・ご本人確認
・当社セミナーに関するご案内
・当社が発行するメールマガジン・DM・その他のお知らせの送付

会社名 KMS経営会計事務所 連絡先 support@shikin-taisaku.net
代表 川崎 晴一郎(かわさき せいいちろう) 事業所 東京都港区元赤坂1-4-21-4F

▲Page Top